0587-81-5050
web予約

稲沢矯正歯科クリニックBLOGBlog

お口の周りの癖について

2018年6月27日

お子さまにこのような癖はありませんか?

  • 飲み込む時に歯の間から舌が見えている
  • いつも口がポカンとあいている
  • 舌がお口の中の上あごから離れて下に落ちている
  • 口で呼吸している

最近、特に注目されているのが唇や舌、頬の筋肉などが歯並びに与える影響です。
上記のような癖は、出っ歯や開咬(上下の前歯が噛んでない状態)、受け口、ガタガタや矯正治療後の後戻りの原因になったり、発音に悪影響を与えることがあります。
稲沢矯正歯科クリニックでは、お口の周りの癖を改善するトレーニングを積極的に行っています。子供の頃から正しい舌の動きや鼻で呼吸することを習慣づけるのが大切です。

お子さまのお口の問題で悩んでいらっしゃいませんか?

  • 歯が大きくがたがた
  • 上の前歯が前方にでている
  • 下あごがでて受け口である 
  • 歯の間の隙間が気になる
  • 上下の前歯が噛んでない
  • 子供の歯が抜けたのになかなかはえてこない

このような症状が認められる場合、一度ご相談下さい。

無料矯正相談について