0587-81-5050
ご予約について

稲沢矯正歯科クリニックBLOGBlog

歯列矯正に小顔効果があるって本当?

2022年12月10日

みなさん矯正治療楽しんでますか?

こんにちは。稲沢 下津宮西町の稲沢矯正歯科クリニック、院長の吉廻 守(よしざこ まもる)です。

 

突然ですが皆さんは、歯列矯正に小顔効果があると思いますか?
この話は、テレビやネットニュースなど幅広いメディアに取り上げられています。
なんとも信じがたい話ですが、果たして本当なのでしょうか?
詳しいことは、記事の中で解説します。

 
小顔に直結するわけではない!

結論から申し上げると、歯列矯正に小顔効果があるわけではありません。あくまで歯列や咬合を整えるための手段であり、顔をコンパクトにすることを目的とした治療ではないためです。
ただ、両者が無関係ではないことも事実です。
一体どういうことなのか、詳しく解説しましょう。
 
不正咬合が顔の歪みを引き起こす

私たちの顔のつくりや骨格は、本来左右対称です。外見を重視している方は、日頃から小顔矯正やマッサージなどに励んでいるのではないでしょうか。
確かに、顔の歪みの有無が見た目の印象を左右することは事実です。
では不正咬合が顔の歪みをもたらすというのは、一体どういうことなのでしょうか?
これは歯列や咬合が乱れていると、噛みしめたときに生じるダメージのバランスも悪くなることを意味しています。結果的に顎の筋肉のバランスが乱れたり、頬や顎の骨格が歪んだりするでしょう。
しっかりと噛めない感覚がある人や、歯列がデコボコしている人などは要注意です。パッと見で違和感があるほどの歪みが生じる前に、歯科医院で診てもらいましょう。
 
歯ぎしりも原因になりうる?


悪習癖の一種である歯ぎしりは、就寝中に無意識下で行なわれるのが特徴です。
主に、上下の歯をギューッと噛みしめる「クレンチング」、こすり合わせる「グラインディング」、そしてカチカチと合わせる「タッピング」の3種類があります。
歯ぎしりの原因はいまだ解明されていませんが、遺伝や歯列の問題、ストレスやカフェインの過剰摂取などが指摘されています。
歯ぎしりは決して珍しい現象ではなく、人口の5~15%が就寝中に行っているというデータもあるのだとか。
歯ぎしりや食いしばりの際に歯へかかる負荷は、約60~80kgとされています。これだけの力が長期にわたってかかると、私たちの歯や顎は一体どうなってしまうでしょうか?
歯を痛めるだけでなく、顔の筋肉のつき方も徐々に変わっていくでしょう。
「無意識に行われていたら、自分じゃわからないかも…」
という方は、歯をグッと噛みしめてみてください。
「咬筋」という顎の下の筋肉、いわゆるエラが出る人は、すでに悪影響を受けているかもしれません。
無意識に行われている悪習癖が、まさか顔のバランスに影響しているとは思ってもみなかったはずです。

 
歯列矯正で顔のラインは整えられる?

これまでフェイスラインには、不正咬合や悪習癖が関係しているとお話ししました。
ではこれらの問題をクリアすれば、美しい見た目を実現できるのでしょうか?

歯列矯正が外見の改善につながることも!
歯列矯正が小顔に直結するわけではないことは、冒頭でお話しした通りです。しかし歯並びを整えて、見た目のイメージを左右させることは可能です。
顔の下部分のバランスや、頬から顎にかけての膨らみが気になる方は、歯列を整えることでコンプレックスを解消できるかもしれませんね。
 
親知らずの抜歯に効果はある?

「親知らずを抜いたら、顔のラインがなんとなくスッキリした」
という話を耳にしたことはありませんか?
これには「ある理由」が存在します。
一般的に歯を抜くと、その部分の顎骨は少しずつ痩せていきます。つまり最奥に位置する親知らずを抜くことで、骨が痩せて見た目のイメージが変わるのです。
そう考えると、この話はあながち間違っていないのかもしれませんね。
 
「エラ」の改善に有効な方法とは?

歯列や咬合が改善されると、ものを噛んだときにかかる顎への負担や悪習癖が軽減されます。その結果、筋肉の発達を抑えてエラの張りを改善できるでしょう。
まずは歯列や咬筋の状態、悪習癖の有無などを歯科医院でチェックしてもらうことをおすすめします。歯列矯正によって顎へのダメージを減らせば、筋肉量が減少して症状の改善が見込めるはずです。
 
結局のところ、歯列矯正で顔痩せは可能?

歯列矯正と顔痩せの関係性は、これまで解説した通りです。
歯列が整ったり肉付きが軽減したりすることで、小顔になったと実感できる場面もあるでしょう。
それに加えて、注目してほしいのが「治療中の様子」です。
ワイヤー矯正の場合はブラッシングがしにくいと感じますし、マウスピース矯正の場合は食事やブラッシングのたびに着脱しなければなりません。
日頃はダラダラ食いが多い方も、手入れのしにくさから規則正しい食事をするようになるでしょう。その結果、顔が痩せていくという可能性も考えられます。

 
歯列に関するお悩みは、かかりつけ医に相談を!

当院では、歯列矯正の装置を複数取り扱っています。
歯列や咬合、見た目にコンプレックスをお持ちの方は、ぜひ一度ご相談ください。
患者さまの口の中を拝見した上で、希望に合わせた適切な治療法をご提案いたします。