0587-81-5050
web予約

稲沢矯正歯科クリニックBLOGBlog

治療例 ガタガタ(叢生)

2018年10月19日

みなさん矯正治療を楽しんでますか?

 

稲沢矯正歯科クリニックの院長 吉廻 守(よしざこ まもる)です。

 

今日も引き続き、矯正治療の症例をお見せしていきたいと思います。

 

 

主訴   上下のガタガタ

 

年齢   13歳 男性

 

治療装置 白い表側矯正装置

    (セラミックブラケット

       、ホワイトワイヤー)

 

抜歯   上下左右第一小臼歯

    (前から4番目の歯) 

 

 

治療期間 2年 4ヶ月

 

 

 

上下ともに歯が大きく、並ぶスペースがありませんでした。

 

 

そのため、歯を並べるスペースを確保するため上下左右第一小臼歯(前から4番目の歯)を抜歯し、治療を行いました。

                             

 

〈治療費概算〉

検査診断料     ¥50,000+tax

白い表側矯正装置  ¥750,000+tax

処置料       ¥4,000+tax

 

 

治療終了後、上下の真ん中も一致し、綺麗に並んでいるだけでなく上下の歯がしっかりと噛み合った1歯対2歯(1本の歯に対して2本が噛み込む)の機能的なかみ合わせになりました。

 

 

 

見た目も綺麗になり、噛みやすく、歯磨きもしやすくなったと喜んでいただけました。

 

 

 

この方は、治療終了後に親知らずの生えるスペースがなかったため抜歯していただきました。

 

 

◆親知らずに関しては生えるスペースが有り、まっすぐ生えてくる場合には抜く必要はありませんが、スペースがなく他の歯が押されて、矯正治療後の歯の乱れてくる原因になる場合は抜歯することがあります。

 

 

 

 

稲沢矯正歯科クリニックでは、見た目が綺麗になるのはもちろん、上下の歯のかみ合わせやあごの関節などの機能を重視した治療を行っており、治療後も長期間安定したかみ合わせを目指しております。

 

 

当院では、無料矯正相談を行っておりますのでお気軽にご相談ください。

 

 

 

稲沢・一宮で歯並び・かみ合わせのご相談は稲沢矯正歯科クリニックへ

 

 

愛知県稲沢市下津宮西町75-1

 

日本矯正歯科学会認定医 歯学博士

 

吉廻守(よしざこまもる)